スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ワンコへの想い。
2007 / 04 / 19 ( Thu )

こんにちは! かいままです。

今日は・・・我が家にある 本 をご紹介いたしますね。
本といっても・・・私の本ではなく 「ごんたまチャン」文庫 の中の本。


IMG_1030.jpg


「 ばっちゃん 」 これは <助けられた繁殖犬たち>という 
サブタイトルからも分かるように 「動物保護管理センター」に94匹の弱りきった
犬たちが保護された実際のお話です。

ある繁殖業者が 劣悪な環境の中に犬を閉じ込め 繁殖だけを強いていた・・。
そのワンコたちを 救い出し1匹1匹洗ってやり・・病気の子には注射を・・。304
それでも 助けてあげられず 亡くなっていく沢山のワンコ134


その中でも 年老いた おばあちゃんワンコ 「ばっちゃん」
ボランティアの1人に引き取られ 幸せに生活してゆく お話・・。


ある日私は 職場近くの本屋さんに フラリ と立ち寄り、児童書のコーナーで
この本と出合いました。
吸い込まれる様に 一気に読んでしまいました101


「これ欲しい!!」 と思いましたが
その時 「ごんたまチャン(娘)」 は 確か幼稚園の年長さんか・・1年生くらいだったか・・。
あまりに悲惨な現実が 写真 になっていましたから
「少し ビックリするかも・・」
・・としばらく悩んだ事を覚えています。


実際 大助さん(実家の父)も 花子さん(実家の母)も
その後 ごんたまチャン大のお気に入りとなった この本を見た時
「子供には刺激が強すぎないか??」 と心配しましたから(笑)

母の心配を 見事に裏切り・・・ごんたまチャンは
この本に すごく興味を持ちました267


「ママ!!読んで!!」
悲惨なワンコたちに 涙しながらも ドンドン読み進めるようにせがみます。


正直・・・ビックリしました。
こんなに小さくても 何かを感じるんだなぁ~と。


「ママ!! はんしょくぎょうしゃ ってなに?」

ほご ってなに?」

ボランティアってなに?」


1ページ読み進める間に 沢山の質問が飛んできます。
ものすごい時間をかけて 初日は読んだ覚えがあります。
母もグッタリ疲れてしまいました330

でも・・・次の日も次の日も・・・夜になると この本を持って布団へ!!
「ママ!! ばっちゃん読んで!!」
来る日も来る日も 繰り返し読み・・・
最後には、簡単な文章の1部を覚えてしまうくらい(笑) 読まされました。


おじいちゃん家に出かける時も持ち歩く程の お気に入り・・・。
一体彼女が何を感じて、何に惹かれたのか・・・。

母にはよく分かりませんが、親が思っている以上に 子供には
 
「何かを感じる力」

・・・があるのだなぁ~~と感動したのです。


小さい頃からワンコが大好きで、何冊もワンコの本が 「ごんたまチャン文庫」には
あります。
そして・・良く
「大きくなって 私がお世話をできるようになったら ワンちゃん飼ってね。」
と申しておりました。


長~い長~い間 恋焦がれ415 ・・・ やっと我が家に来てくれた そのワンコ。
その子が


IMG_1051.jpg


カイ君!!!

ぼくでちた~~~♪266266266

スポンサーサイト
05 : 35 : 00 | カイ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。