FC2ブログ
この年で・・・初めての検査。
2011 / 06 / 23 ( Thu )
こんにちは~!!    かいままです




今日はね 人間の検査のお話をしようと思うんですけど・・・。
             (最近 カイ助の話と言い 検査の話ばっかりですよね) 

体調の悪い方や 閉所恐怖症の方は・・。 
不快な思いをされるかもしれないので・・。
私は大丈夫だよ!! って方だけ 読み進んで頂けたら・・って 思います。
         
            (何だよ この前フリは! かいまま!って感じですよね 笑)



行きますよ・・。
以前・・。
お話してましたよね。


「頭部のMRI・MRAの検査を 受けましょうね。」


・・・・・って 内科の先生に 勧められたことを。


MRIと言うのは・・・断層写真
MRAと言うのは・・・血管撮影



頭の中に 血栓などないか・・。
詳しい検査を しましょうね・・と 勧められたんです。



KC3X00240001.jpg
         そう・・・・。 ここは・・・。



KC3X00270001.jpg
      以前・・・。かいままが 人間ドックで来た所・・・。



説明書には 「お化粧を落として頂きます。」なんて 書いてあったんでねぇ~。


かいまま・・。
しっかり マスク持参で参りました(爆)

だってぇ~。
帰りにお化粧初めから やり直して・・・なんて 面倒くさいでしょ!!


だからね~。
帰りはマスクで 顔隠して帰るんだぁ~って(笑)




そしたら・・・。
ファンデーションと眉毛など 必要最低限のお化粧にして・・・。

アイラインやマスカラ等・・・全くせずに行ったからなのか。

検査技師さんにも 何も言われず スグサマ 着替えを指示され・・・。
検査室へと。




大きなドーム型の 白い検査の機械が・・・。
口を開けて かいままを待ち構えておりました・・・

だけどねっ!!
ほら。  かいまま人間ドッグも大好きな 人間ですからね。

以前にも骨盤腔のMRIなら 撮った事ありましたし・・・。
大きな音はしてましたけど・・。

あの時も 「数十分じっとしててね。」 と 言われて。
じっとしてる間に ウトウト寝ちゃって


「ピクピク動かないでねっ!!」 って 注意されたツワモノです(笑)



ただね・・・。

頭部は 初。


ドーム内に 頭そのものがスッポリ入る感じが どうなんだろう?とは
想ってんですけどね・・。


まず最初に 手渡されたのが・・。

「気分が悪くなったら とにかく早くこれを押して知らせて下さい。」

と 右手にコールブザーを 渡され握らされました。



ドームの機械手前で 仰向けに横たわり・・・。
頭は カップ状になった小さな場所にスッポリと埋もれる形で入れられ。
カップと頭の空間を 小さな枕を数個 入れられ・・。
ピクリとも 動けない状態。

耳を完全に塞がれた 状態になりました。


そして・・・。
プラスチックの透明の板のようなモノが 顔のすぐ上で 被せられます。

息はできるものの・・・。
鼻息が 完全にプラスチックに 当たって返って来る様な
そんな めちゃんこ近距離っ!! 鼻先ですもんっ!



圧迫感はハンパナイ上に・・・耳も聞こえず。
全く動けない状態。
その上 体を固定され そのまま狭い丸いカプセルに入れられていきます。




その時点で 「これ・・・ヤバイかも。」 って 思ったものの
検査技師さんの顔が ドンドン離れて行き・・かいままは 機械の中へ・・。


間もなく モンのすごい 大音量で 

「ガガガガガン!!! キ~ン!!」
「ガガガガガン!!! キ~ン!!」



騒音以外の何モノでない 「心底不快な爆音」 が 定期的に続きます。
変化なく ず~っと続くんです。


それが 少し過ぎたころ・・・。


体がおかしくなりました。


「息って どうやって吸うんだっけ?」
「動いちゃいけない でも 息苦しい! すぐここから出たい!!」
「手足をバタバタしたい! もう苦しい!」



かいままは あんな体験初めてでしたよ


「これは危険。 私検査が続けられないかも。」


じっとり 汗をかくのが分かりました。

でも・・・。
元来頭痛持ち・・・ 持病の薬も飲んでる。

どうにかして 今回の検査は受けておきたい・・・。



だけど。

「ダメダメ・・・息に集中すると パニックになりそう。
 音に集中しても 多分駄目。
 嵐の曲!! 歌おう! 私は指揮者!! 嵐の曲を歌いながら
 指揮すればいい!!」


「ここは 広い草原で・・・私は自由に手足も動かせる。」

「向こうから ハナ坊が走ってきて・・・気持ち良い風も流れてきた。」


もうね・・・。
自己暗示の世界ですよ(笑)

これだけ聞いたら ただの気のフレタおばさんですよね(爆)



IMG_9154.jpg




想像してみて下さいね。
ちょっと 表現が不謹慎かもしれませんが・・。


自分が棺の様な・・・狭い狭い箱の中に 入れられます。 

手も足も全く横にも上にも 動かせるスペースがなく
真上には 布を被せられ 息苦しい。
そこに入れられた上に 更に金属性の狭い箱の中に入れられ
絶対に自分が動けない・・・そして出られない状態を 想像して下さい。




窒息する心配は 決してないのですが・・。

それを 20分間耐えなくてはいけないんです。
ピクリとも動かずにっ!!!



もうね。
パニックって こんな感じなのかも・・・って 自分で思いました。



どんなに気分を変えても もう限界っ!!!


そう 思った瞬間に 「騒音のパターンが変わった」 んですよっ!!



瞬時に 汗がス~っと 引く感じがありました。

「音を変化させてくれるだけで 少し楽になる。」


あれって・・・。
人間のある程度の 限界を考えて 出す騒音も変化させてあるのではないか

・・って そんな風に思いました。



少なくても かいままは・・。
その爆音の変化に 救われました。

もう ちょっとだけ 頑張ってみよう・・・。 そう思えました。



IMG_0098.jpg




途中・・。
同じように パニックになりそうな あの危険な感じに 2回ほどなりました。

長く長く・・。
もの凄く長く感じられた 検査が やっと終わり。

カプセルから 出された瞬間。


「この検査・・・・。めっちゃキツクないですか?」

「これね・・・。 途中リタイアの人 多いんです。」




マジですかぁ~やっぱり・・・。
そう思って 体を起こしたものの しばらく動けませんでした。

体がもの凄くダルクて・・。
フワフワしてるんですよね。

着替え室でも かなりの時間 イスに座ってました。





あれ・・・。
私は1番 苦手な検査かもしれない。

大腸ファイバーとか・・・歯のオペで2時間とか。
痛みを我慢するとかって類のモノとは違う・・・。


「閉じ込められる恐怖感」 みたいな モノを感じました。


ダメだぁ~。
あれ・・・。


多分 次は・・。
MRIとMRA 同時ってのは 無理かもしれません私っ・・・

その後 地下鉄の駅までも フワフワ・・・。
何だか 麻酔でもかけられちゃったの?って 感じのフワフワ。


自転車とか車の運転って あの検査後は危ないと そう思いました。





かいままの初体験。

何だか 思い出すだけでも 息苦しい感覚になる・・。
何とも 苦いトラウマになってしまうような・・・。

そんな検査で ございましたよ。



皆さん ご経験ありますか?
読んだだけでも 胸が苦しい感じになっちゃいましたか?

頭部のMRIとMRA検査って こんな感じの検査だって・・・。
かいままは 初めて知りました。



だから内科の先生。
「苦手だったら CTにしましょうか?」 って すぐそうやって言ったのね。

次からは・・。
MRIだけとか もう少し短時間でお願いしよう。


そう強く思った私です。






スポンサーサイト



05 : 00 : 47 | 未分類 | コメント(11) | page top↑
| ホーム |