スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お散歩の途中で。
2007 / 10 / 06 ( Sat )
こんにちは~!!かいままです。


先日・・・・夕方6時頃・・・。
いつもの散歩コースを カイ助のリードを引きながら
右肩には 「ハナちゃん入り カバン」 をかけ (笑)
ちょうど 氏神様がお祭りされてる神社を通り過ぎた所・・・。

IMG_4148.jpg



1人の女性から声をかけられました。

「その仔犬パピヨン??」
「この子が産んだの??親子なの?」



カイ助くん・・・いきなり母親で・・出産後の設定です(爆)
兄妹である事をご説明させてもらうと・・・。

その方  「うちはねぇ~。6ヶ月で逝っちゃった。」と。
「マルチーズだったんだけど 未熟児でね~。
 肝臓も悪かったのよ。 でも人間と同じものあげちゃうでしょ。
 それがいけなかったのかなぁ~・・・。」


私は 突然のお話にビックリしましたが・・・。
以前この辺りで 白い小さなワンコを抱っこして
お散歩されてた人がいらしたのを 思い出したんです。
1度か2度・・・かなり前に 抱いてる姿をチラリと
見たような・・・。

あの子は・・・病気だったんだね・・・。
だからこうして 道路のお散歩ができなかったんだね・・・。

ほとんど初対面・・・初めてお話しするような私に
こんなお話をされるなんて・・・余程まだ心の整理が
ついてみえないんだろうなぁ~。
当然ですよね・・・。
ワンコが亡くなる時は・・そしてその後も・・・・。
自分の中で 思い出になっていく間の時間・・。
それは・・・・とっても辛い 時間ですもの。

その女性は、パピヨンの事を色々聞かれながら
カイ助を嬉しそうに撫でて下さいました。

「ワンコは私達より先に逝っちゃうから 悲しいですよね。」

「ホントにねぇ~。それでも犬が好きだから また寂しくなって
 犬を飼うんだよね・・・。」

そんな会話をして別れました。

家までの道を・・・。
考えてました。

IMG_4843.jpg



人間よりも先に 逝ってしまうワン。
それでも やっぱりワンと一緒に居たいのはなぜだろう。
あんなに悲しい思いをするのに どうしてまた一緒にいるんだろう。
歴代ワンコをず~っと 思い出しながら。
ず~っと考えてました。

IMG_4343.jpg



それは・・・。
やっぱり ワンが大好きだから・・・。
出逢ったワンコから 沢山の温かいモノをもらって
それが忘れられないから・・・。

そして出逢った事を 後悔してないから・・じゃないかなぁ~と。
カイ助とハナちゃんを見ながら 思ったんです。
せっかく与えられた 「ご縁」 だもの。
その日がやってくるまでは 一緒に楽しい毎日を過ごそうね。


そんな事を考えて 歩きました。

あの人が 1日も早く元気になれますように・・・。
きっとマルチーズのワンちゃんは お空から見守ってる
事でしょうね・・・・。
悲しくても・・・やっぱりカイ助を撫でてくれる優しい方だから



 ワンコといられる限られた時間・・。
    普段 考えないようにしてますが・・・・。
    ゆ~っくり ゆっくり 流れる時間を大切に
    そう思ってます。
    にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ 


    ポチポチっと 応援してもらえたら 嬉しいです☆
     

 
07 : 21 : 47 | カイ | コメント(14) | page top↑
<<どこでクツログ・・・。 | ホーム | えらいね・・・お兄ちゃん♪>>
コメント
----

犬飼い同士って、初対面でも色々なことを話したりしますよね。
やっぱり、気持ちをわかりあえるような気がするからかな・・・。
ワンコを失うことは悲しいけど、それ以上にたくさんのものを
もらってるんでしょうね。最近は、あの子をきちんと看取れたことが
飼い主としての幸せだったんだな~、とも思うんですよ。
by: さえ * 2007/10/06 10:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

今日は ウルウルの話しですね(@_@。
散歩してると ワン好きな方々 多いですね・よく 話しかけられますから・・
私も 体力のあるうちに 一緒に遊んで もらおう~と・
ワンも・私も お互い 楽しまなきゃね・・

by: そよかぜちゃん * 2007/10/06 12:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

多分 私たちよりも早く逝ってしまうだろうワン達(うちは自分の歳を考えると ひょっとして反対かもしれないけど 笑)。

大家族でも一人居なくなるなんて とても考えられないですね。

頑張っても 生まれてすぐにお星様になってしまう子もいます。「ゴメンネ。もっと生きて楽しく暮したかったね」と声を掛けられずにいられないです。

その子の持って生まれた寿命があると思いますけど、
虹の橋に行かなければいけなくなった時「お母さんの子で良かったよ」って言ってくれるかなと思いますよね。

マルチーズのママさん、早く元気になられるといいですね。

by: ハッピーベルまま * 2007/10/06 13:18 * URL [ 編集] | page top↑
----

そうですね・・・・先に逝くんですものね。
私はワンコを見送った経験がありません・・・
だから、自分がどうなるのかわかりません・・・
『そんなにベッタリしてたらいなくなったときどうなるの?』
と最近言われました・・・
どうなるんだろう?・?・?
わからないです・・・・・
by: カンナ号 * 2007/10/06 13:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

お見送りが飼い主に出来る最後のことですもんね。
その最後の時に愛犬に「楽しかった」って思って欲しいよね。
・・・で、自分も愛犬と一緒にいて「楽しかった、ありがとう」って言える様でありたいです。

犬の一日は人間の何倍ものスピードで過ぎて生きますから
一日一日がとても大切な瞬間ですよね。

by: kuro * 2007/10/06 14:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

ワンコを連れていると不思議と話しかけられますよね
先日はゴミ収集車のおじちゃんに
「お~いくつダイ??」って
「うちにも17年生きたシーズーが居たんだよ」と色々
話してくれました
そしてえぴをナデナデして
「可愛がってもらいなよ」って最後にね

我が家にとってはえぴが初めてのワンコ
きっとペットロスは相当なものになると今から覚悟を決めてます
なんてったって私の30数年の思いかなったワンコですからね
mamaの子になれてよかったって思ってもらえると良いのだけどね♪
by: haru * 2007/10/06 14:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

そうですね、、ワンちゃんの命は短いです。でもそのぶん
愛情が深くなるというか、、。我が家も ずっとワンのいる生活です。ペットとしてではなく 家族としてみています。
ワンたちに温かいもの たくさんもらいました。ワンたちが
いたからこそ つらいときも乗り越えてこれたと思っています。亡くなったときはさみしくてさみしくて・・・でも それ以上にワンとの生活が楽しいということを教えてくれたので きっとまた飼ってしまうんでしょうね。
カイくん ハナちゃんもこれから かいままさん家族と楽しい生活を送って たくさん思い出作らなきゃね♪
by: min * 2007/10/06 17:38 * URL [ 編集] | page top↑
--☆~今日も温かいコメント本当にありがとです!~--

~さえさん~
そうなんですよね~。
ワンコを飼ってると 初対面で通常は話さない
所まで話する事多いですよね~!
ワンコ飼ってるというだけで ある所まで
一気に垣根がなくなっちゃう・・・ような。

最後を看取るって スゴイ幸せな事だと・・今は
思えますよね。だって側にいられないことの方が
多いはずなのに 一緒にその瞬間にいられたんですもん。
そして 思い出す度に 心が温かくなるんですよね~。
スゴイですよね~。


~そよかぜさん~
自分がこの世に生まれた時に・・・。
そして 自分がワンコを飼うという瞬間に産まれてくれた
考えてみれば モノスッゴイ瞬間に偶然に居合わせてる
と思いませんか~????
かいままは いっつも そう思うんです。
私がワンコを飼おうと思った時に カイ助が産まれてて
逢いに行って その場で家族になることを決めた。
これって スゴクない~!!って。
レン君が気になった そよかぜさん。
父ちゃんまでもが「いいよ。」と言ってくれた モノスゴイ
偶然!! やっぱり「縁があった」と思いますよね~。


~ハッピーベルままさん~
本当にそうですよね・・・・・。
考えたくない その瞬間ですが でも確実に・・。
今までもやってきたんですよね・・・。
それでも~。
やっぱり ままさんが言われるように
「ままの子で良かった」と虹の橋に旅立つ瞬間に
そう思ってもらえるように 1日1日過ごす事・・・。
それが大事な事ですよね。

亡くなったら色あせるものじゃないですものね。
不思議だったのですが 
私の大事なワンコ達は 色あせないんです。
最初は亡くなると 忘れていくものかと思ってたんですが
そうではなかった!! 

マルチーズのお母さん 早く元気になられますように・・。


by: かいまま * 2007/10/06 19:07 * URL [ 編集] | page top↑
--☆お返事☆--

~カンナ号さん~
分かりますよ~。
ここまで 可愛い!!と思っていると亡くすその時が
モノスゴク怖いんです。
かいままも 今までは外飼いでした。
家の中で過ごし 細かな所まで分かり合えるように
なってきた・・・・。
亡くしたら 日常生活送れないんじゃないか・・・って
思うこと良くあるんです(汗)
情けないですが ホントの気持ちですよね~。
ワンコが家族ですから・・・。
人間以上に甘えてる部分がある気がするんですよね。


~kuroさん~
ホントです~!!
「ありがとう!」って送ってあげる事が 1番嬉しいと
旅立つワンコは・・そうでしょうね~。
自分をそう奮い立たせれるかな・・ってそう思いますが
今までは 時間がかなりかかりましたから(笑)
あれって・・・・。
しばらく お家にいるのかな~。
食卓でフサフサって足に触る感覚が 私にも
ばーちゃんにもあって・・。思わず名前を呼んじゃうんです。
私は感じたのは 1度きりでしたが・・・。
不思議な・・・でも今でも忘れない感覚です。


~haruさん~
そうなんです~!!!
もう死んじゃったワンコの事を カイ助を触りながら
話してくれるんですよね~!!
そうそうそう~!!
今は飼ってないけど この方はワンコが・・そのコを
今でもこんなに 大切に思ってるんだ~って
猛烈に感動するんですよね~。

カイ助を通して その子を感じてその子を想う。
そうやって いつまでも心にいるんですよね~。
haruさん!そうですよね~。「ママの子で良かった」って
言ってもらえるように 毎日過ごす事ですよね~。


~minさん~
ま~ったくもってminさんのおっしゃる通りですよね~。
本当にそうですよ~。
沢山の・・・どれほど沢山でしょうね~。
温かいものを これでもかってほどに・・・。
与えてくれるんですよね~。
辛い時にも 体を撫でるだけで フワ~って癒される
んですよね・・・。
モノスゴイ 力 だと思うんです。
1度経験すると 離れられなくなっちゃうような
温かくて気持ちの良い 感覚ですよね。
ワンコに見守られてるような 感覚ですよね。 
by: かいまま * 2007/10/06 19:26 * URL [ 編集] | page top↑
--同じですよ。。--

うちもエマを歩かせて、ケーラがスリング。
必ず「このコ(エマ)の子供?」と聞かれます。
知識がないと自分でブリーディングしていると
思ってしまうのでしょうね。
うちは仮にも女のコだからいいですけども・・・
カイくん・・女のコに見えちゃったか。
カールが可憐な乙女に見えたのかも!? (^ー^)


犬を飼っていないまたは過去に飼っていて今は飼っていない
人と話をすると判を押したように・・
「生き物は死ぬとかわいそうだから。」と言われます。
私このセリフを口にする人が大嫌いです。
ひねくれた性格なのかもしれませんが・・
自分より寿命が短いと解っているのに犬を飼う
私は氷の持ち主ですか?と問いかけたくなります。
何回も犬との別れを経験していますが、それまでに
もらった愛情、思い出はいつでも胸の中にあります。
今いるコ達も精一杯の愛情で人より短い生涯を
最高に過ごさせてあげようとしています。
犬飼いにしてみたらそれが当たり前のこと。。。
先のようなセリフを吐く人とはその後話が続きません。
まぁ当たり前ですよね。
「私、犬と暮らしています。」と言った後にそんな風に
応えてくる人と話が広がるかい!ってなもんです。
犬との暮らし。
経験できない人は人生損していると思うけど・・。
まぁ人それぞれですからね。

なんか愚痴っぽいコメントになってしまった。。
ごめんなさいね。





by: ひなたぼっコ * 2007/10/06 19:59 * URL [ 編集] | page top↑
----

今日の記事の内容は深いですね~
私は以前ヨーキーが亡くなった時に約半年間、ペットロス症候群になりました。
その子の事を思い出すだけで、悲しくて所構わず泣いてしまう症状でした。
職場で、電車の中で、時と場所を選ばずです。(^^ゞ
そんな時、読んだ本に「あなたがいつまでも悲しんでいると
天国にいった愛犬がうかばれない」「愛犬はあなたの笑顔を早く見たがっている。」と書いてあったのです!
目が覚めましたね~~。
その日から泣かなくなりました。(単純な性格なんでしょうが・・・)
ちなみに、ず~っと言うタイミングを失っていたのですが
かいままの愛しのシェルちゃんのお誕生日♡♡私と同じ「4月5日」です♪
シェルちゃんに、ちょっと運命感じちゃいました~
今頃、天使になってかいまま達を笑いながら見てるんでしょうね(*^。^*)
by: やむやむ * 2007/10/06 22:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

そうですね。限られた時間をお互いに楽しく温かく過ごしたいですよね。
わんこからは、限りない温かさをもらっているのですから、人間もそれに答えなくちゃね。
たとえ、先に逝ってしまっても、思い出すたびに温かくなれる。
わんこの存在ってすごいですよね。
その方も、早く元気になれるといいですね。
by: とびママ * 2007/10/06 23:17 * URL [ 編集] | page top↑
----

色々考えちゃいますねー。
先日、叔母宅のムックたんの大往生を見て、あっ!その前
2ヶ月前にもちゃちゃが大往生だったのねー。
ちゃちゃもムックも、健康で長生きだったから、本当に理想なの。
悲しいけど、「良く頑張ったね。ありがとうね。」って言えたのね。
我が家の歴代ワンコは、病気でだったから、「ありがとう」より
「ごめんね」が先でね・・・。

考えたくないけど、その日は、必ず来るわけで・・・。
できれば、泣きながらでも笑顔で送り出してあげたいな・・と思います。
by: kotamame * 2007/10/06 23:30 * URL [ 編集] | page top↑
--☆お返事☆--

~ひなたぼっコさん~
色々な方がみえますからね~。
「うるさくない?家の中が汚れない?臭くない?」と
言われた事もありますよ。
ワンコが嫌いな人 飼った経験がない方 
興味のない方 いろ~んな方がみえますからね~。
だってパパさんも ワンコ苦手で 家の中が
大変な事になるだろ・・って言ってましたから。

現実・・家の中が大変なことになりましたが(爆)!!
でも~。
ワンコと関わって パパさんはドンドン変りましたよ~。
飼ったことがないと 動物や生き物と心が通い合うって
感覚がきっと理解できないんだと 思います。
飼えなかった環境なども あるでしょうからね~。
この温かい感覚を知らないから 仕方ないんでしょうね。
勿体無いですね~(笑)

ワンを飼ってる人じゃなくても これって通じ合うんですよ~。
パパさんの親友の「妻夫木さん」。
インコや文鳥を沢山飼ってみえて ワンは飼ってないですが
相手との気持ちが通じるよね~。分かるようになるよね。
と同じ気持ちですよ! その当時パパさんは 分からなかった
と思いますが 生き物を飼う・・一緒に生活する・・
どうして それが大切なのかっていうと このあたりじゃないか
・・・と思うんですよね。
説明では分からない 体験。気持ちが通じ合う体験。
温かいものを通わせる体験・・ってモノスゴク大事だと。
今の時代特に思います。
ごんたまのクラスでもイジメがスゴイです。
悩むごんたまを見て 話を聞くたびに 何か大事なモノが
欠けちゃってるんだ! と感じますよ。


~やむやむさん~
そんな体験されたんですね。
そして・・。素敵な本との出逢い。

所構わず・・・・そうですよね~。
自分では もう大丈夫!と言い聞かせて 外にでる。
大丈夫になってきたな~と感じた時に ワンコの散歩を
チラッと見た・・・・。
その瞬間に 気付いたら もう涙が出ちゃってた・・・。
ってコトがありました(汗)
自分の頭と関係なく 体が反応しちゃって それに
後から気付くっていう おかしな状態でした。

でも ばーちゃんが「そんなに悲しむと 心配で天国に
行けんようになるから 可愛そうだ。幸せであっちに
行くんだから ちっとも悲しいコトはない」と言ったんですよ。
そっかぁ~と思いました。

シェルちゃんの記事読んでくださって ありがとう~!
お誕生日一緒ですか~これまた嬉しいですねぇ~☆
思いっきり走り回ってると思いますよ~ハナみたく(笑)


~とびママさん~
ワンコには 与えてもらってるモノが 溢れるほど
ありますよね~。
いつも与えてもらってる 感じがします。

初めて飼ったワンコは 特に特別な存在ですよ。
仕事で遅かった母を待つ間 一緒に留守番
してくれた 同志でしたから~(笑)
その子に「ワンコのイビキも 寝言も おならも」教えて
もらいました(爆)

カイ助には 「ワンコのいじけや ヤキモチや 幼児返り
嬉ション」なんかを学びましたよ(笑)


~kotamameさん~
これから長生きしていく事を思うと・・老衰ってよりも
病気でってことの方が多くなりますよね。

ワンコの生き方や 人間同様 介護の仕方・・・。など
長生きするからキチンと考えなくちゃならない事が
でてきてる気がしますよね~。

実家のハスキーは交通事故にあい 先生から
大型犬は歩けなくなったら 曲げた足が腐って
可愛なそうになる って安楽死の話までされたんですが
自分の足で立ったんです。 ヒョコヒョコ歩き方は
ちょっとおかしくなりましたが・・元気に15年生きました。

生命力と立ちたいっていう生き物の本能みたいなものを
子供ながらに見て感じましたよ。
最後の方は  オシッコに行く為に立つのを介助するための
布を作ったり・・・大型犬は介護するのも かなり
大変なんだという事も 知りました。
体力があるうちに 飼ってやらなくちゃ介護する側の
体力が飼い主になくちゃ いけないんだな~という事も
思いましたモノ・・・。
ワンコから身をもって 教えてもらう事が 沢山ありますよね。  

by: かいまま * 2007/10/07 00:25 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。