スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
風と共に 思い出は去りぬ・・・。
2011 / 12 / 06 ( Tue )
こんにちは~!!  かいままです



この前のお休みに・・・。
大助さん(実父)が 車でばーちゃんを かいまま宅に連れて来てくれました。

実家へ かいままが時々顔を出す事は あっても・・。
かいままの家へ ばーちゃんは もう随分来ていません。
1人で来れなくなってから どれだけ経っただろう?



ばーちゃんは 玄関でふら付きながら・・。
それでも 着物姿で 現れましたよ。
きっと・・・。
花子さん(実母)が 一生懸命着せたんだろうなぁ~。
最近 着物も着れなくなっちゃったって 言ってたモンな。


その目は・・・。
もう かいままではなくて 抱っこしてる カイ助の顔を見ています。

草履を脱ぎながら 手を出して
「カイ!カイ! おいで」って 言うもんだから。


「ばーちゃん まず自分の草履を脱いで! ほら 一段上がってよ。」

・・・って 手を取ってる間にも 抱っこしようとしますよ


「ばーちゃん まずリビングのソファーに座って。 抱っこさせるから。
 自分がフラフラしてるのに カイ助抱っこなんて 危ないってぇ!」





健康そうに また太った様子で 安心しましたけど・・・。
足元が本当にオボツカない・・・。

本当は ばーちゃん。
あまり外へも 出たがらなくなっちゃってるんですけど
カイ助に逢いたい一心で 今日も来たんですよ ここまで。


IMG_0288.jpg
ハナが亡くなってすぐ 我が家に1人で来てくれた時          
         (今回 余裕がなくて 全然写真ありません 笑)
 

ばーちゃんが カイ助に 嬉しそうに レタスをあげてます(笑)
どーしたって 食べ物を与えたがるんですよね・・・。
だから 用意してあった カロリーのないレタスの千切ったものを 袋に入れ

「これだけだからね。」と 渡しました。


楽しそうに カイ助と遊ぶ ばーちゃん。
大好きな 緑茶を いつもの様に飲み・・・。
大好きな みかんを 食べ・・・。

みんなの話を 笑って聞いてましたよ。







「いい~家だなぁ~。 かいまま。 
 ワシは・・ここへ来たの  初めてだったなぁ~。」





「はっっ!!???」







「やっぱりばーさん。 今日は朝から接触が悪いんだよな。」 と 大助さん。

うなずく 花子さん。


「朝からね かいままの家に行く?って言って準備してるのに 車の中でも
 どこへ行くんだ?って 何回もね。」



ハナ坊の写真を見ながら・・・。
ばーちゃんは

「ハナは 早くに逝っちゃったんだなぁ~。 あれ。 これがハナか?
 ハナは こんな風に耳が黒かったか? 
 ハナは こんな顔だったかなぁ~。」




IMG_0293.jpg
    ハナが亡くなった時にも 同じセリフを何度も繰返してましたよ。


でも あの時は ハナの顔はちゃんと覚えていたんだよ ばーちゃん。




あんなに 何度も我が家へ1人で来ては・・。
カイ助を 赤ちゃんから面倒見てくれて・・。

パパの出張時には 何度も泊まって行ったのに。



ばーちゃんの 記憶は・・・。
ドンドン こぼれ落ちて行っちゃってんだねぇ・・・。





「かいまま いい家だなぁ~。 ワシは ここ初めてだよな?」



「ばーちゃんさ。 カイの赤ちゃんの時に通ってお世話して育ててくれたんでしょ。
 それにさ!
 この10年 何回この家 お泊まりしてると思ってんのよ~。
 朝にシャケ焼いて 「ウマイな~。」って バクバク食べたでしょお~!笑」


「そーだったか? ワシお泊まりしたか?」



まるで 初めてみる新築のお家かの様に 『いい家発言』 を繰り返し・・・。 
家の中を眺めまくる  ばーちゃん。

もう 築10年なんですけどねっ!!(苦笑)


先週末に 東京に住む弟夫婦が 向こうで家を建てたからと 
大助&花子が 現地へお祝いを持って行った所なんですよ・・・

それと これとが グチャグチャになってんのか 何なのか・・・。





「ハナは・・・。
 クマさんみたいな 顔してたのか? こんなに耳も黒かったか?」


「ばーちゃん。 ハナ坊忘れたなんて言ったら 『ナンでしゅって!』って
 怒って夢に出てくるよ!(笑)」



「あはははぁ~。」




笑ってるよ・・・(爆)

IMG_4895.jpg
  ハナが来て 2wで見に来たくせにねぇ。





その様子を見ていて ごんたまが

「ばーちゃん 私のこと 分かる?」



そう言いたくなる気持ちは 良~~く分かるよ!ごんたまよ。
母さんだって 時間の問題で その辺まで来るよね・・・って 思ったモン。



「ごんたまちゃん だわ~!(笑) 何言っとるんだぁ~!」
                      (言ってるんだ)



何言っとるは・・・あんたの方だよ ばーちゃんよ(爆)


でも 本当は・・・。
ばーちゃんの話に合わせて その時その時 やり過ごした方がいいのかも
しれないね。

だって・・。
考えて思い出せるモノとは 違うんだモノ。




IMG_4905.jpg
   こんなに シャキシャキしてたのにねぇ~。



病気とは言え。
一緒に過ごした記憶も・・・一緒に過ごした人やペットも・・・。
こうして 記憶から消えて行ってしまうんだなぁ~。


ナンだか。
ナンでも出来た人だけに・・・。


目の前で起きてる事が もの凄くショックでした。


花子さんからは 細かく色んな事を聞いてはいたんですけどね・・・。






でもさ。
頭の・・・頭の記憶からは 色んな思い出が消えて行ったって・・・。

きっと。
魂があるように・・。
心の記憶には きっと 残るよね。


あの世へ行ったら ハナが元気に走れる様に・・・。
ばーちゃんの頭だって スッカリ元通りになって・・・。

今までの事も みんな 思い出すよね。



ハナ坊がお迎えに来てくれたのに 分からないなんて事 ないモンね(笑)





こぼれ落ちた記憶を スクイ取れると・・・・いいのにね。
でも あれか・・。

消し去りたい記憶も あるんだもの。
自然のままの方が いいのかな。




きっと・・・。
私以上に 娘である花子さんは 日々色んな感情に振り回されてるんだろうな・・。

そんな風に 思いました。



にほんブログ村 犬ブログ パピヨンへ
   最後まで読んで下さってありがとうです~!!



08 : 01 : 38 | 未分類 | コメント(14) | page top↑
<<日曜の朝は・・・。 | ホーム | ジャパン ごんたまカップ!~動画~>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2011/12/06 22:53 * [ 編集] | page top↑
----

誰もが通る道なのかな。
私も・・・・まだまだと思いたいけど
母のことを考えると、時々不安になります。
こぼれちゃう記憶
どこにいっちゃうんでしょう。
ずーっと持っていたいものだけは残したいね。
by: とびママ * 2011/12/06 23:03 * URL [ 編集] | page top↑
--★ お返事 ★--

★ 秘コメさん ★

本当にね~。ばーちゃんのカイ助に対する愛情は・・・。
ナンだか人間同士の感情とは違う 本当に見ていて不思議な
関係なんですよ。

ハナ坊が以前 初めて花子さん宅に行ったとき・・・。
車酔いした後 知らない場所で緊張して花子さんのお膝から
降りれないで居た時も・・・ばーちゃんが現れた途端。
知ってるばーちゃんだったからなのか 何なのか もんのスゴイ喜び方でね~。
あっと言う間にいつものハナに 戻ったんです。

人間の心に優しく触れる・・・ナンだか人には真似できない
動物が出す癒しがあるのかな~って 必死でカイに逢いに来る
ばーちゃんを見てると そう思えます。
ワンコの力を間近で感じて 驚きますよ!
by: かいまま * 2011/12/07 07:40 * URL [ 編集] | page top↑
--★ お返事 ★--

★ とびママさん ★

>誰もが通る道なのかな。

本当にね できれば避けたいと思いながらも・・・。
実際 お薬を飲んで先生から言わせれば 現在92歳
アルツハイマーの 診断をしてから 数年経ってもこれだけ維持できるのは 
すごいって コトなんですけどね。
今まで一緒に生活してきた私達は 今までのスーパーばーちゃんを知ってるので
このギャップが哀しいんですよね。

でも。
辛い事を忘れ・・・色んな事を忘れ・・・。
また 生まれた場所に戻って行くってのは・・・それが自然なのかなとも
思ったり。
日々の生活は そりゃそんなコト言ってらんないコトがドンドン
出てきてますからね。
周りは大変ですけど。 きっと頭の記憶はなくなっても心の記憶は
残っているんだと そう思っています♪

by: かいまま * 2011/12/07 07:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

カイ君に会うために着物を選んだんでしょうかね。
カイ君、本当に大活躍。
偉大な力を隠し持ってるんですよ、きっと。わんこ達は。

はーちゃんの笑顔見られて良かったですね。
周りに居るものは大変ですけど・・・・
でもかいままさんみたいに一回一回話の相手をしてあげるのがいいんですよね。
うんうんって言っちゃうと、ばーちゃんの方で考えなくなっちゃうから・・・
「絶対違う」と自説を曲げ無くなったらその時はその時の対応ってことで。
花子さんもお疲れが出ませんように。
by: kuro * 2011/12/07 10:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

ばーちゃん 久し振りにお見えになったんですね。
記憶は薄れていくけど、それでもお元気なお顔を拝見して、うれしいです。
母の事を思い出します。
母もね、最後の方は私の事もわからなくなってましたもん。
判らなくなったというより私自身は娘だと言うことは理解出来ているんですが、
今の私と子供の頃の私がいるらしく、よく「そのチーちゃんと違うねん!!」って
よく言ってましたっけ。
お正月に自宅に連れて帰っても最初の頃はよく判ってたけど、亡くなるとの年のお正月には
判らなかったもんね。

でもね、かいままさんが思ってらっしゃるように
>頭の・・・頭の記憶からは 色んな思い出が消えて行ったって・・。>きっと。 魂があるように・・。
>心の記憶には きっと 残るよね。
私も心の中にある記憶は、絶対に消えないと信じていました。
いえ 今でもそう信じています。
父と母と過ごした何十年もの間の思い出や記憶は絶対に消えないってね。 
・・・・・そう信じています。
だから、いつも私の近くにいるってね。

>あの世へ行ったら ハナが元気に走れる様に・・・。
>ばーちゃんの頭だって スッカリ元通りになって・・・。
>今までの事も みんな 思い出すよね。
そう思うよ。
家の父と母も、今ごろは虹の向こうで、ああだ・こうだと元気にケンカしてますよ。 きっとね。
私も そう思っています。

ごめんなさい。
なんか感傷的になっちゃいましたけど、ばーちゃん 記憶が薄れちゃってもお元気でいて
下さる事がうれしいですよ。
またいらして下さいね。(・・・って家んちじゃないのに)

by: チー * 2011/12/07 16:00 * URL [ 編集] | page top↑
--★ お返事 ★--

★ kuroさん ★

>カイ君、本当に大活躍。
>偉大な力を隠し持ってるんですよ、きっと。わんこ達は。

なんていうのかね・・・。
もう カイ助しか目に入ってないって 言った方がいいくらいなんですよ。
ひ孫のごんたまやかいまま・・・ってよりも もうカイ助だけっていう
本当に色んなモノが 極端になってるんですけど それが
ドンドン強くなってる感じです(笑)
それくらいに ばーちゃんにとっての中の カイ助は特別なんでしょうね~。
そして ワンコには・・・動物には。人間にはない何かを
感じてしまいます。

ばーちゃんと話するとね 話が前に進まないんですよね(爆)
過去の人現在の人・・・もうね 年代が入り乱れて
いつまで 私達を認識できるかな~。
by: かいまま * 2011/12/08 07:49 * URL [ 編集] | page top↑
--★ お返事 ★--

★ チーさん ★

>今の私と子供の頃の私がいるらしく、よく「そのチーちゃんと違うねん!!」って
>よく言ってましたっけ。

あ~!!ナンだか もの凄く想像がつきます!!
もうね 時間の概念が・・・時代の概念も・・。
自由自在なんですよね~。
ばーちゃんの世界なんですけど・・・あれって みんなが通る
所なんでしょうかね?

あちらの世界とこちらの世界の途中に 少しずつ時間が交錯してるスペースでも
あるのかな?って思ったりするくらい
そして その日その日に こちらに近かったり 向こうに近かったり
登場人物も 亡くなった人が出てきたりすることもあるし
・・・かと思うと 妙~に冴えて 名言を吐くときも(笑)

でも 少しずつばーちゃん特有の正解の時間が長くなってる
感じがしています。
さて?今年は一緒におせちが作れるかな~?って (笑)
食べてばっかりだったりしてね(爆)
by: かいまま * 2011/12/08 07:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

かいままさん、こんばんは~。
お婆様がいらしたのですね~。
なんと・・・92歳ですか!!!v-405
玄関でふら付きながらもご自分でしっかりと歩かれていらっしゃる
なんて・・・素晴らしいですね。
カイ君に会うのがと~っても楽しみなんですね。

やっぱり歳老いていくごとに人間も動物もいろいろと出てきますよね。
でも元気でいてくれる事って本当嬉しいですよね。

私なんか祖父母達は一番長生きした父方の祖母でも私が
20歳の時には亡くなってしまいましたのでかいままさんがちょっと
羨ましかったりします。

そうですね。。。花子さんが一番色んな感情をお持ちでしょうね~。
お疲れが出ないと良いのですが・・・。

ハナちゃんが来てから2週間のお写真。。。か・可愛い~!!
ハナちゃん♪♪
by: CERBERUS@『らるく』 * 2011/12/08 23:13 * URL [ 編集] | page top↑
--★ お返事 ★--

★ CERBERUS@『らるく』 さん ★

うちのばーちゃんは スーパーばーちゃんでね(笑)
80歳の後半まで 実家で最も忙しく動き回り 週1は旅行で
出かけるような人だったんですよ。
お仕事もかなりな年齢まで してましたから・・・。
かいままたちは ばーちゃんはいつまでも 元気で居てくれるイメージが
強くて。

年齢から考えれば 頭ではこうなっていって当然ってのを
分かってるつもりだったんですけど・・。
目の前で 私の家まで認識できずにいるのを 見ると
やはりショックでした

だけどね~。
症状が進めば進むほど 驚くのはカイ助の存在がばーちゃんにとって
占める大きさなんですよね。
もう 本能みたいなもので カイ助を求めてるのを見ると・・。
ナンだか運命的なモノを 感じたりするんです。
不思議ですよね~。
ハナ坊 可愛いでしょ~。
かいままも久しぶりに チビハナを見て過去の写真をず~っと
眺めちゃいました(笑)
by: かいまま * 2011/12/09 07:43 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは、かいままさん
ひさぁしぶりのゆっくりした休日の朝、
ゆっくりかいままさんの記事を見ることができました。
おばあさんの訪問はうれしかったでしょうネ、カイくん。
わがやでもワンちゃんたちはお年寄りが大好きです。
もうワタシ達に接する時の尻尾フリとは勢いがぜんぜん違いますモンネ。
記憶は......残念ですがしかたないですね、
でも家族の顔だけは覚えていてほしいですね。
おからだ大事になさってください。


by: ルナまま * 2011/12/10 08:53 * URL [ 編集] | page top↑
----

お婆ちゃん久しぶりに登場されましたが
92歳に なられたのですね
ご両親の元で暮らしているので
お婆ちゃんも安心して過ごせてることでしょう
うちも実母は一人暮らしで今はまだ
元気ですが これから先を考えると不安ですよ
介護するとなると 私の体がついていけるかな・・
お婆ちゃんは寝たきりとかでなくまだ
足で歩くことができるので なかなかなものです
まだまだ ゆっくりお婆ちゃんには 記憶が
残っていくようにと 祈るばかりです
by: そよかぜちゃん * 2011/12/11 14:27 * URL [ 編集] | page top↑
--★ お返事 ★--

★ ルナままさん ★

カイ助とばーちゃんとの 関係を見ていると・・・・。
本当に不思議なんです。
人間とペットと言うよりも 今のばーちゃんには 何よりも
1番に元気と やる気を起こさせてくれるのが カイ助なんですよね。
もう理屈とかなんとか そういうレベルの問題ではない感じです。
記憶は・・・。
かいままも仕事上ず~っと そういう方を見て来ましたけれど
実際に あそこまでナンでもできた人でも 色んなキッカケが引き金になって
年寄りには・・・
やる気をなくすなんてコト 本当にあっという間で簡単な事なんだと
つくづくそう思います。
みんな順番に訪れる事だと思いますけれど お年寄りにやる気を起こさせることほど
難しいことはありませんね~。
by: かいまま * 2011/12/12 07:42 * URL [ 編集] | page top↑
--★ お返事 ★--

★ そよかぜさん ★

いつもありがとうね~そよかぜさん♪ 本当に嬉しいです。
そよかぜさんのお母さん。
かいままのばーちゃん。
いっつもナンだか お互いに気にして・・・お元気なんだなって
記事を見て 安心してましたよね(笑)

ばーちゃんは残念ですけれど 少しずつ少しずつ症状が進んでいます。
それを支える花子さんも 自分の感情をコントロールしながら
日々頑張っていますが・・・。
体は元気。
だけど 日常生活は大変。
周りがみんなで支えていくのですけれど お世話をやく方も年を取る。
かいままもね 色んな事を考えたりします

そよかぜさんのお母さん まだまだビールグイグイ飲まれてお元気に
いてくれてますもの♪
元気に楽しく♪
今の時間を満喫してほしいですよね♪

>まだまだ ゆっくりお婆ちゃんには 記憶が
>残っていくようにと 祈るばかりです

本当にありがとうね♪♪そよかぜさん
by: かいまま * 2011/12/12 07:47 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。